HOME » 連盟のあゆみ

山口県車いすバスケットボール連盟のあゆみ

車いすバスケットボール競技のおこり

日本に車いすバスケットボール競技が入ってきたのは、1960年(昭和35年)厚生省の派遣で、英国ストーク・マンデビル病院国立脊髄損傷センターにおいてスポーツ・リハビリテーションを学んで帰国した国立別府病院の中村裕博士によって、国立別府病院(大分県)で紹介されたのが最初だった。

1961年に同博士の尽力で開催された第1回大分県身体障害者体育大会で、車いすバスケットボールのデモンストレーションが行われた。1963年(昭和38年)には、第18回国民体育大会(山口県)後の全国身体障害者体育大会・山口大会でもデモンストレーション試合が行われた。

全国への普及は、1964年(昭和39年)に開催された第2回パラリンピック東京大会に参加した選手関係者によってなされ、東京からはじまり、全国の身体障害者施設・病院に次々と車いすバスケットボールクラブが生まれていった。

 

山口県の車いすバスケットボール

YWBF

山口県では、1966年(昭和41年)に小野田労災病院でリハビリテーションの一環として始まったのが最初と聞いている。その後、1971年(昭和46年)、県立防府養護学校に体育館が建設されたのを期に生徒が練習を始めた。その当時、全日本選手権で常に上位にいた『北九州足立クラブ』の協力により、学校まで来てもらい、車いす操作をはじめ、パスの出し方やシュートの打ち方など指導を受けることができた。

1974年(昭和49年)、西日本ブロック大会(別府市)に初めて県立防府養護学校の卒業生と在校生で結成した『防養クラブ』が出場して、対外試合を始めた。また、卒業生の練習場所確保のため、下関、山口、柳井で選手ボランティアを集めチーム作りを始めた。

1975年(昭和50年)からは、全国身体障害者スポーツ大会中国地区予選を広島県と行うとともに、山口県においては第1回山口県身体障害者球技大会に車いすバスケットボール競技が加えられ、3チームが参加した。

1977年(昭和52年)2月、山口県車いすバスケットボール連盟を創立し、当時山口県身体障害者団体連合会会長であった藤元勇氏を初代会長にお願いした。

同年より、『防養クラブ』が日本車いすバスケットボール連盟に加盟し、内閣総理大臣杯争奪全国選手権大会予選兼第1回中国地区選手権大会を山口市で開催し、岡山、広島、山口から各1チームが参加し対戦した。

1979年(昭和54年)、第9回内閣総理大臣杯争奪全国選手権大会予選兼第3回中国地区選手権大会が山口市で開かれ、会場の山口県立体育館は障害者の大会では珍しい満員の観客の前で『防養クラブ』が念願の初優勝を果たす。以後5年連続して優勝し、全国選手権大会に中国地区代表として出場する。第11回大会ではベスト8に進出。県代表チームとしては黄金期であった。

 

バスケットボール協会へ加盟

1980年(昭和55年)当時の吉村旦理事長、山田隆道審判長(ともに現県バスケットボール協会副会長)をはじめ多くの方々のご尽力により、念願の山口県バスケットボール協会へ加盟が承認される。これは当時では、障害者スポーツ団体が一般の競技団体へ加盟するということは考えられない時代だったので、全国的に見ても画期的かつ先駆的なことであった。

同年10月、第16回全国身体障害者スポーツ大会(栃木県)へ中四国地区代表として出場する。

1981年(昭和56年)、県内の5チームによる第1回山口県選手権大会を開催する。また、チーム数も増えたことから、翌年より第1回会長杯争奪大会も始める。会長杯は第11回大会よりモルテン杯に変わり、さらに2000年(平成12年)からは第1回防府ライオンズクラブ杯争奪大会として続いている。

1990年(平成2年)、県連盟創立10周年記念大会を山口県スポーツ文化センターで開催し、西日本各地より12チームの参加をいただいた。

1994年(平成6年)、第24回内閣総理大臣杯争奪全国選手権大会予選兼第18回中国地区選手権大会(岡山県総合文化体育館)で11年ぶりに『山口スカイクラブ』が優勝。全日本選手権初出場を果たす。

 

現在の活動

YWBF 現在の活動

一時は、全日本連盟に2チーム加盟した時期もあったが、選手の高齢化による減少の中で大会に向けチーム一丸となって取り組むためにも、全日本連盟に登録しているのは現在『山口オーシャンズ』の1チームのみである。社会人チームのため年齢は15~62歳とさまざまで、県内各地に住んでいることもあり、合同練習は月2回程度という状況である。その中で若手選手達は、積極的に練習場所を確保し全国各地の車いすバスケット強化合宿や大会へ参加するなどして、日本代表選手達と交流し所属チームへの練習へ出向いたり、来てもらったりして個々の技術の向上と意識改革に取り組んでいる。

近年、県連盟に登録している選手は健常者選手も含め30名程となっているが、その中には育児中や体調を崩している選手、仕事の都合などで休部中の者もいるのが現状である。選手・チーム共に全盛期に比べて減ってきている中、健常者も取り込んで毎年の県選手権大会と防府ライオンズクラブ杯(旧会長杯)の大会を継続して開催できることは、喜ばしい限りである。余談だが、車いすバスケットボールの大会に健常者の出場を認めたのは、山口県が全国的には最初かも知れない。

今では、健常者ばかりの大学連盟も結成されていて「車いすに乗って行うバスケットボール」との考えが広まって来ているが、最初は健常者と身障者が同じコートで対等にゲームをすることなど考えられなかった。人気漫画『スラムダンク』の作者 井上雄彦氏が車いすバスケを題材に描いた『リアル』が大きな話題になるなど、車いすバスケットボールの認識度、注目度も高まってきている。

 

今後の課題

2011年(平成23年)に開催された第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」に向けて行った審判員の養成で山口県に日本公認審判8名が誕生した。2000年(平成12年)から車いすの大会においては審判3人制が導入されたこともあり、大会運営には多くの審判員が必要である。また、車いすバスケットボール独特のルールや車いすの操作によるプレイなど一般の審判以上に技術と経験が必要であり、取り組む審判員が少ないのが現状である。車いすバスケットボール審判へ今後の継続とともに、多くの参加を期待したい。

既に選手の平均年齢は35歳以上を迎えている。若手の発掘・育成が必要であるが、障害があってスポーツができる人材を探すのはとても難しい。ただ「おいでませ大会」に出場したジュニア選手(高校生男女各1名)が積極的にジュニア合宿や、全国ジュニア大会に参加してくれていることは希望のひとつだ。二人の今後に期待するとともに、車いすバスケットボールのクラス分け(※)による、最も障害の軽い4.5クラスのセンタープレイヤー及び障害の重い1点プレイヤーの確保・養成も必須と考えられる。

※ 障害レベルにより1~4.5まで選手に持ち点が与えられ、ゲームに出る選手5人の合計が14点を越えてはいけないというルール。